道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

自由に挑戦させるための教育フォロー

1歳から就学前の子供の教育に悩む親は多く、何よりも大切なことは子供の意欲を高めさせる親のフォローにあります。幼児教育が近年話題に上っており、様々な習い事を1歳頃から始めさせる親も多く、天才脳を育むカリキュラムなどを提案する教室なども展開されています。何よりも大切なのは子供の気持ちであり、幼いながらも喜怒哀楽の表現法は持っているため、無理強いしてしまうことで苦手意識が強く働き、脳内にそのままインプットされてしまい、やる気すら起きない状況を作ってしまうケースも実際問題として挙げられています。知りたい・触れたい・聞きたいなどの感情や感覚を覚えたい時期でもあり、何でも自由に挑戦させることが重要と言われています。

危ないから止めるフォローは危ない先に何があるのか、危険な方に興味を引き付けてしまいます。さらにまだできないから手助けをすることで、やる気の芽を摘んでしまいます。こうした親のフォローは子供の本能を引き出す行動とはならず、本当に危険な物からは遠ざけ、思う存分脳と身体を使える環境を作ってあげることが親の役割でもあります。また、幼児期の子供はできないことが当たり前であり、できないことは放置してしまうケースも多いですが、興味を持たせることで視野を広げさせることが可能で、面白そう・スゴいねなどの声かけにより消極的だった行動も積極的になります。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.