道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

教育ではやる気が将来的なカギとなる

子供が小学校に上がった際、遊びは好きなのに勉強が嫌いになるのではないかと心配になる親は意外と多く、子供が勉強を好きになるには幼児期の教育がカギと言われています。教えたことが身に付くためには天才脳である必要はなく、何よりもやる気が重要視されています。子供の脳内のメカニズムをヒモ解いていくと、考えて問題が解ける・出来なかったことが出来るようになるその時に、快感となる信号のドーパミンを分泌させています。快感を得るために難題を求め、それを達成していくことを繰り返すことで、やる気が出てきます。

勉強嫌いは問題が理解出来ていないからであり、快感を体験することで頑張る気持ちや、やる気も湧いてきます。理解することが勉強の面白さや喜びに繋がるため、幼児期に成功や達成感を体験させることが将来的に重要となってきます。幼児教育では、幼い時期から簡単に達成できる目標を設定し、5歳から6歳頃の就学前からは努力した結果、達成できる体験を積み重ねさせる方法で教えて育てる必要があります。また日々の何気無い生活の中で疑問を持ち、解決する習慣を付けることで何事にも好奇心を持つ子供に育てることもでき、近年少なくなっている行動派に育てられるポイントにもなります。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.