道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

幼児期の教育は楽しさが肝心

幼児の教育プロセスにおいて、教室に通わせる習い事をスタートさせるケースが増えており、継続した教えによって能力アップや技術の向上などの成長へと繋がっていきます。幼児期の子供の脳は、様々なことに興味を示しており、特に2歳から3歳時期は興味深々であるがゆえ、集中力も散漫になりがちな程、様々なことがいっぺんに惹き付けられる年齢です。幼児教育を行うにあたり、自己判断がつかないために親がその判断を行う必要があり、ポイントとなるのが楽しく取り組めることにあります。

興味が直ぐに失われることは身に付けることには繋がらず、スキルとして身に付けるには年齢を上げた段階からでも遅くは無いと言われています。まずは、子供が積極的に取り組む意欲を持ったコト・モノからスタートさせるのが重要です。特に3歳頃は、楽しいと感じる表現力に優れているため、次の段階である理解・達成などの喜びに繋がりやすくなり、1人1人に合った能力や技術が早い段階で伸ばせるのも魅力の1つです。幼児期の教育法でもっとも肝心なことは、新たな楽しいを繰り返しながら能力が向上していくことであり、出来なかったことが出来た時の喜びが楽しさに繋がるのを繰り返しながら成長していくので、親は楽しい習い事を勧めることが必要となります。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.