道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

幼児に対する教育はとても重要な部分です

幼児に対する教育はとても大切な事になっています。幼稚園や保育園では基礎となる部分を教えているため、そこが一番重要といっても過言ではありません。そして、挨拶だったり、友だちを作ったり仲よくすることをそこで覚えます。そして、最近では保育園の先生が教えることもありますが、年長の子供が下の子供に教えることで相互にメリットがあります。それをサポートするのも先生の役目です。何気なく一緒に遊んでいるように見えても、きちんとコミュニケーションを取ったり、譲る気持ちを養っています。例えば、おもちゃがあり喧嘩をしたとすると、ただ叱るのではなくなぜ仲良く使わなければならないのかを、理由を交えながら話します。そうすることで、理解をしてくれます。

そして、最近の保育園ではお絵かきをしたり、英語の練習をします。もちろん、とても簡単なもので、遊びながらやっていきます。小学校に入学する前の子供はかなり好奇心があり、吸収力も高いので色々なことを覚えます。しかし、余り詰め込もうとすると逆効果になり、トラウマのようになってその分野が苦手になったりします。そのため、その子供たちの状態を見て工夫したりしないとなりません。そして、先生を見て成長するので、対応に気を付けたりしていい見本になることが大切です。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.