道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

学校教育の在り方について

教育というと、主として学生の学業のことが思い浮かびます。学生の仕事は勉強であり、勉強の目的は良い学校を卒業して良い職業に就くこととされています。学校教育ですが、私立と公立とに分けられています。私立の教育機関は、授業料は高額とされているものの良質な教育が保障されていることが多くて学生等の学校での生活環境等は比較的良好であることが多いとされており、中学校入学をすることで高校をエスカレーター式で卒業できるというメリットも在ります。公立の学校についてですが、小学校及び中学校については憲法で言う国民の義務である子供に教育を受けさせる義務に該当するために退学制度は在りません。また、自動的に卒業をすることができるとされています。

小学校及び中学校ですが、私立を選択するか公立とするかは個々の学生等の事情によります。私立の場合、中学校入試に合格した場合、エスカレーター式で高校卒業を出来るメリットが在るため、中学校合格はかなり達成感が大きいとされています。公立の小中学校についてですが、授業料等は安価であるために保護者の収入が中程度以下であっても就学は可能となっています。義務教育となっているものの、生徒や児童が教育を受けることが出来ない保護者については義務の免除が可能となっているために、中学校を自動的に卒業した人については中学校卒業程度や高卒認定の試験を受験することである程度の知識をカバーすることが可能となっています。

高校に進学した場合、教育についてはある程度は社会で通用するレベルの素養が身に付くことになります。高卒の資格を得ることによって、基本的に企業であれば何処にでも採用されることになるために最低限度は必要となるスキルとなっています。高校卒業後についてですが、高収入を得たい人については大学や専門学校に進学することになります。専門学校や大学を卒業することによって、ホワイトカラー的な職種に就くことが可能となります。学校教育についてですが、これは基本的に子供が将来どうなるかについて考える際の判断材料となっています。保護者が自分の子供に対して前途有望な将来を希望する場合は高校を卒業後は大学に進学させるものだと考えていることが非常に多いです。また、必要最低限度の生活をさせるというのであれば高卒であっても構わないと考えていることも少なくありません。学校教育について、保護者は子供が幼稚園に入る段階で計画立てをするとされており、子供としても将来どうなるかはある程度は考えた方が良いのかもしれません。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.