道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

熱心な教育と就職の狭間で悩む若者

子供に勉強をしなければならない理由について尋ねられたことのある親もいるでしょう。子供の仕事だという答えは定番ですが、実際に子供の持つ夢を叶えるためや可能性を広げるためにも勉強は不可欠でしょう。今の日本社会では格差が広がっており、教育に関しても格差は影響しています。子供時代の教育における格差は、子供が就職を考える時もついて回ると言われています。しかし、教育を十分受けてきた所謂高学歴の人も就職に苦労しているのが現状です。勉強だけが全てではないという企業の考えが背景にあります。今は学歴が物を言っていた時代ではありません。

学歴が重視されていた時代に育った世代を親に持つ人は、子供の頃から教育や学歴についての重要性を説かれていたかもしれません。それを疑わず一途に信じ勉強だけをしてきた子供は時代の変化に戸惑い、就職活動時に苦労を強いられることになります。誰でも苦手なことはあります。今多くの企業で重視されているコミュニケーション能力や自分をアピールする時などに使うプレゼンテーション能力に苦手意識がある人もいます。就職活動までの人生を勉強に捧げて来たにも関わらずそれが認められないのは辛いです。時代によって企業が学生に求めることは変わるのかもしれませんが、学業好きが自分の個性だという人も認められる社会になれば良いと願う人もいます。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.