道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

学校で栄養についての教育を

今必要とされる勉強の一つに栄養学があります。飽食の時代といわれる今日では栄養失調の子はほとんど見られなくなりました。それではなぜ、今、栄養に関する教育が大切だといわれるのでしょうか。実はその理由は、周りに色々な食べ物があふれているからこそだといえます。

食べ物がふんだんにあるため、今日では自分の好きなものだけを食べるという子も多く見られるようになりました。食べないよりは食べたほうが栄養が取れますが、同じものばかり食べていては栄養が偏ってしまいます。そのため十分すぎるくらい摂れているものとほとんど摂れていないものに別れ、そのままの状態が続くと健康に影響を及ぼす恐れが出てきます。例えば最近多いのが脂肪の摂り過ぎです。子どもたちが好んで食べるものには脂肪が多いため、肥満や生活習慣病の子が増えているといわれています。

そういったことを避けるためにも、学校で栄養についての教育が必要だというわけです。また栄養について学ぶということは同時に食べ物の大切さを再認識させるということでもあります。私たちの体がいかに食べ物の恩恵を受けているのか学べば、自ずと食べ物を大切にする心も身についていくはずです。食べ物に対する感謝と健康な体作りを意識するためにも、学校で栄養について学ぶことが大切だと考えられます。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.