道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

教育論というのは色々と

教育論というのは、色々とあります。その一つが道徳を教えることです。教育論として、これは非常に難しいことになります。道徳というのは、一律ではないです。ですから、国家がこれを制定することが非常に難しいことでもあります。しかし、長らく日本の道徳として教えられてきたことがあります。わかりやすくいいますとそれはなんといっても、五常というものであり、これは仁義礼智信、ということです。仁が最初に来ているのは、それが最も尊いものであるとされているからです。それがなんといっても、人を慈しむ心になります。だからこそ、とても重要なことであるといえます。言うまでもありませんが、それはやはり道徳的には良いといえますが、それは日本の思想ではなく、中国の思想ではありますが、様々な教育論に影響があったことになります。

それでも良い行動原理である、ということになります。だからこそ、教育で子供達に叩き込む考えになります。少なくとも相手のことを慈しむことはとてもよいことであるといえます。道徳教育というのは、本人に実益があるかどうか、というのが難しい判断になります。だからこそ、慎重に教えることが大事なことであるといえますから、よく検討するべきです。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.