道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

ゆとり教育に関する事柄

今ではあまり聞かれなくなりましたが、2000年代をメインとして、教育機関で広く行われていた政策にゆとり教育という政策が実在していました。ただ、こういった政策には色々な定義があり、1990年代前半から行なわれた施策を指す場合があれば、1980年代から行なわれた政策を定義する場合があります。大雑把に言えば、従来の詰め込み型とされる指導法を改めて、指導内容を減らす、祝日を除く平日だけを授業日とするといった施策を言います。

こうした施策は教師に関する組織が提唱したのが始まりだとされていて、指導の現場で起こった諸問題が明るみに出て、諸問題が起こるのはゆとりが欠如している、または倫理に関する問題があるといった事柄に対する指摘がなされて、施行されるに至りました。しかし、年月が経過して学力が低下するといった問題などが取り上げられるようになり、マスメディアで批判されるという事態が発生しました。

学力低下などの問題が生じて、要項が改正され、2010年代前半に改正された要項が施行されるようになって、ゆとりと呼ばれる指導法は終わりを告げるという結果になりました。しかし、学力低下の要因が必ずしもゆとりと呼ばれる指導法にあるとは限らないとする説も実在しているようです。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.