道徳教育を行う事も親の義務だと考えています

教育方法で一発勝負に強い場合と弱い場合

国家試験などになると試験が1年に1度しかない場合があります。もしその一度で成功できなければ次の年に持ち越しです。1点足りなくても、かなり足りない状態でも一緒です。大学入試になると少し様子が変わります。それぞれの大学、学部に関しては1度しかない場合がありますが、他の学部の受験が可能、他の大学の受験が可能な場合があります。

教育法方においては、一発勝負に強い場合と弱い場合で対策の仕方が変わってきそうです。一発勝負に強い、困難な状況が前にないと力が発揮できないような人がいます。こういった人はできるだけプレッシャーをかけるようにした方がいいかも知れません。そうすることで直前に集中して追い込んだ勉強をすることができます。

一方で一発勝負にあまり強くない人がいます。恐らくは多くの人はこのタイプになるでしょう。それを自覚しているなら、本番前に色々とテスト的な段階を作るようにします。大学受験で国公立に行きたい場合があります。センター試験は1度しかなく、二次試験もたくさんは受けられません。センター試験では模試を何度か受けて慣らしておきます。本試験では私立大学などを複数受験して慣らすようにします。本命を受験する前にテスト的に受ける状態を作ることで一発勝負にならないようにします。

Copyright (C)2017道徳教育を行う事も親の義務だと考えています.All rights reserved.